【特集】主婦(主夫)におすすめ!医療事務のお仕事

病院で働く医療事務の仕事内容は?

医療事務は病院やクリニックで事務作業を行う仕事です。
受付や会計業務、カルテの管理、カルテの情報をパソコンに入力する作業、レセプトの作成作業など、さまざまな業務を行います。

また医師や看護師などの医療スタッフと、患者さんの橋渡しをする役目も担っています。
特に受付は、患者さんが病院に訪れたときに初めて接する場所ですから、対応によって病院に対する印象が良くも悪くもなります。
パソコンに向かって行う事務スキルだけでなく、接遇(接客)スキルが求められる仕事です。

医療事務は接遇を通じて、患者さんの不安を和らげるなど人の役に立っていることが実感できる仕事なので、やりがいと充実感を感じながら働けるのが魅力です。
事務作業面でも期限内に正確にレセプトが作成できるなど、仕事がうまく進んだときの達成感も大きな励みとなります。

レセプトとは、医療費のうち保険組合が支払う金額を請求する作業です。
そのときの請求書に当たるのがレセプトと呼ばれる明細書です。
保険組合から支払われるお金で病院経営が成り立っているといっても過言ではないため、医療事務の仕事のなかでもレセプト作成は大切な業務の一つです。
レセプトの作成には医療保険をはじめ医療や薬剤の知識も欠かせません。

レセプト作成に関する民間資格もあり、資格があると採用などの際に有利です。
医療事務の資格には診療報酬請求事務能力認定試験、医療秘書技能検定、診療情報管理技能認定試験、医事コンピュータ技能検定などがあります。
これらの資格は働きながら取得することも可能です。

資格があれば出産や結婚で一時職場を離れても復帰しやすく、特に主婦に人気があります。

医療事務は契約社員やアルバイトなどの求人も多く主婦(主夫)に働きやすい仕事

医療事務は病院の正社員として働く形態のほか、契約社員やアルバイトでの募集もたくさんあります。
契約社員やアルバイトの場合は、都合の良い勤務時間を選んで働けるところや、毎日出勤しなくてもいい職場が多く、主婦や主夫に働きやすい職場です。

このほかのメリットとして、病院はどの地域にもありますから、引っ越しをしてもすぐに働けるとことも挙げられます。
また、病院には小さな子どもからお年寄りまで、さまざまな人が訪れますから、どの年代の人にも対応できる接遇スキルも身につきます。

患者さんの役に立つ存在であり、病院の会計事務などに関わるスタッフとして、やりがいをもって働ける上に、一生続けられる仕事として、医療事務は主婦や主夫におすすめです。
興味がある方はどのような資格があるのかなども含めて、医療事務に関する詳しい情報を集めてみてはいかがでしょうか。

You may also like