【特集】主婦(主夫)におすすめ!弁当屋のお仕事

小売と卸売り、どちらで働くか決めよう

弁当屋さんでのアルバイトといえば、ほかほか弁当などお客様の注文を受けてお弁当を販売するお店をイメージする人が多いかもしれません。
しかし、弁当屋さんにはさまざまなお店があります。
ほかほか弁当など小売業としてお店を構えてお弁当を販売しているお店もあれば、企業や食堂などと契約をして卸売専門でお弁当を製造・販売している会社もあります。

小売を行っているお店では販売と製造を行います。
卸売を行っている会社では製造のほか、車で配達することもあるので免許証が必要な求人も少なくありません。

いずれの形態の職場でも、特に資格がなくても働けます。
もちろん調理師などの資格があれば有利ですが、主婦や主夫のように日常的に料理をしているのであれば、問題なく働けます。
多少料理が苦手でも、調理法や盛り付け方、衛生面などに関して関してマニュアルを作っている職場が多いので、未経験でも働きやすいのも魅力です。

弁当屋の仕事は都合のいい時間帯で働きやすいのが魅力

お弁当屋さんは早朝から深夜まで稼働しているところも多く、土日、祝日も営業している職場も多いため、ライフスタイルに合わせた時間帯で仕事ができるのがメリットです。
面接時にどのような時間帯でシフトが組まれているのかを確認し、自分が働ける時間帯や曜日をしっかりと伝えておくと安心です。
小売店と卸売業社で仕事内容も変わってきますから、具体的にどのような仕事をするのも確認しておきましょう。

新メニューのレシピやおいしそうな盛り付けなど、調理に関する知識や技術が向上するメリットもあります。

迅速かつていねいにお弁当を作ろう!

仕事内容は職場によって多少異なるものの、お昼時や夕食時に間に合うように迅速にお弁当を作る必要があります。

イベントや宴会などへの仕出しでは、一度に大量のお弁当を短時間で作らなければいけないので、チーム全体で取り組まなければいけません。

さらに、小売店では接客スキルも求められます。
たとえ小売を行わない卸専門業者であっても、電話での注文の受付などをする際の接客マナーが求められる仕事です。

迅速さとていねいさ、衛生管理が求められますが、美味しいお弁当を効率的に作るためにさまざまな工夫や試行錯誤をするため、やりがいの感じられる仕事です。

体調管理とケガに気をつけて!

弁当屋での仕事は時間帯が選びやすい、やりがいがあるなどメリットも多いのですが、体調には十分に注意しましょう。
冷凍室と調理室の往復で、室内の温度変化に体がついていかないこともあり、体調をくずしやすいからです。

また揚げ物で油を多く使うので、床が滑りやすくなっています。
揚げ物や炒め物などでのやけど、包丁での切り傷などにも十分に注意してください。

You may also like