【特集】主婦(主夫)におすすめ!セラピストのお仕事

相手の心に寄り添い癒やしをもたらす仕事

セラピストは施術や知識を使って心身を癒やし体調を整える仕事です。
しかし一口にセラピストといっても、その仕事内容はさまざまです。

マッサージを行って体のこりをほぐす施術師、香りを使うアロマテラピー、動物で心を癒やすアニマルセラピーなど、その領域は多岐にわたります。
しかしセラピストの仕事を大きく分けると、身体に働きかけるものと、心に働きかけるものに分かれます。

どの仕事も体に触れたり、心に働きかけたりして心身を整えますが、あくまでも民間療法ですから医療行為は行えません。
したがって、心身の不調を治すのではなく、施術によって相手をリラックスさせ自己治癒力を上げることがセラピストの仕事となります。

それぞれの方法は異なりますが、お客様と身近に触れ合うので、とてもデリケートな仕事です。

このためセラピストに求められるスキルで最も大切なのは、お客さまの話や悩みを聞き取るヒアリング力です。
誰かに話を聞いてもらうことは、それだけで癒やしをもとたらす行為です。
相手の心に寄り添う気持ちで、しっかりと耳を傾けましょう。

独立開業を目指す人も多数

セラピストが主婦や主夫におすすめなのは、仕事のスタートが遅い職場が多いことです。
セラピストの主な職場である
アロマテラピーやリフレクソロジーなどのお店は、開店時間が11時など遅めです。
子どもを保育園に送り届けたり、家事を片付けたりしてから出勤できるので助かります。

また、技術や知識を積めば、独立開業も夢ではありません。
セラピーの作業は、それほど場所をとりませんから自宅でも開業できます。

人の役に立つ喜びが感じられるセラピスト

セラピストはお客様に安らぎを与え、癒やしを提供するの仕事です。
自分の施術にお客様が満足して喜んでもらえたときに、大きなやりがいを感じられます。
自分の施術で、お客様の体調が整っていく様子をみるのは、セラピストにとって何よりの喜びです。

また、マンツーマンで施術を行いますから、お客様とじっくりとおつきあいできるのも魅力といえるでしょう。

自分にピッタリの職場をみつることがた移設

セラピストになるためには、技術や知識が必要です。
セラピストを養成するための専門学校もありますし、通信教育で独学で学ぶことも可能です。
しかし未経験でも働けるサロンがありますから、そこで研修を受けたり、働きながら技術を磨いたりする方法もおすすめです。
どの方法でもセラピストになれますし、技術を磨いて常連のお客様が増えていけば収入アップも期待できます。

セラピストには、さまざまな種類があります。
求人情報の中から、自分に向いていそうな職場を探すことも長続きの秘訣といえるでしょう。

多忙な現代社会では誰もがストレスを抱えてながら暮らしており、セラピストの需要が高まっています。
疲れたお客様に自分の技術や知識で、癒しを提供する喜びを体験してみませんか。
お金とやりがいの両方が得られる仕事です。

You may also like