【特集】主婦(主夫)におすすめ!軽作業のお仕事

軽作業の仕事は主に4つ

軽作業はその名前の通り、特別な資格や経験がなくてもできる比較的単純な作業のことをいいます。

軽作業の内容は企業や職種によってさまざまですが、主にピッキング、検品、梱包、仕分けの4つに分かれます。

まず、ピッキングは倉庫から指示された商品を選び出す作業のことです。
以前は指示書を見ながら商品を取り出すのが一般的でしたが、最近では業務効率化のためにハンディと呼ばれる携帯情報端末で指示を出す企業が増えています。

検品作業は、商品を発送する前に不具合や異常がないかをチェックする仕事です。
一見すると地味な作業ですが、不良品を発送すると会社の信用が損なわれるので重要な役割です。

梱包作業は発送する商品を梱包する仕事です。
発送中に衝撃で商品が破損しないように、ダンボールに緩衝材を入れたり、プレゼントの場合は指示通りにラッピングしたり、のしをかけたりする必要があります。
お客様のもとに商品が届いたときに一番先に目に触れるのが梱包ですから、会社や商品のイメージを損なわないように美しく、適切に梱包しなければいけません。

仕分け作業は、発注者など送り先ごとに商品を分類する仕事です。
会社によってはベルトコンベアで流れてくる商品から、必要なものを仕分けるケースもあります。

基本的にはピッキング、検品、梱包、仕分けは分業で各担当者が行いますが、小規模な会社ではピッキングから仕分けまで一人ですべての業務を担当するケースもあります。

荷物を扱う作業ですが、重い荷物を扱うことは少なく、衣料や薬、化粧品、雑貨、食品など軽い荷物が多いので女性でもできる仕事です。
しかし立ち仕事ですし、立ったりしゃがんだり、荷物を何度も運んだりと体を使うため、それなりに体力は必要です。

また、同じような形の商品から注文された商品を正しく選ばなければいけない場合もありますし、梱包作業などの場合は指示が細かく出される会社もあります。
このような細かな作業でもイライラせずに、落ち着いて対応できる冷静さと正確さが求められます。

基本的には指示された作業を一人で行いますが、発注された商品をお客様に届けるという仕事をチームで行っていることを忘れないようにしましょう。
納期に間に合うように他のスタッフと調節しながら仕事をすすめる必要もあるので、コミュニケーションスキルも必要です。

軽作業のやりがいとメリット

軽作業は一見すると地味な仕事なのですが、会社にとってなくてはならない仕事です。
迅速さと正確さが何よりも求められますから、指示通りに全ての仕事をこなしたときに達成感とやりがいが得られます。
メリットとしては、作業を通じて忍耐力や注意深さが養われることです。

また、職場には学生からシニアまで、さまざまな年代の人が働いています。
幅広い世代の人と知り合えるメリットもあります。

このほか、接客業に比べて比較的、休みやすいのもメリットもです。
もちろんの職場にもよりますが、子どもが急に熱を出した場合などでも休みをとりやすい職場が多いので、主婦や主夫にとって働きやすいといえるでしょう。

デメリットはほとんどありませんが、軽作業の仕事は毎日同じような作業を繰り返します。
ルーチンワークになって注力が散漫になってミスをしやすいので注意をしましょう。
軽作業と行っても商品の発送に関わる仕事でミスがあると、会社の信用を落とすなど、大きな問題へと発展することもあります。

一口に軽作業といっても、さまざまな作業がありますし、会社によっても作業内容は異なります。
事前にどのような作業を行うのか確認しておくことが大切です。

You may also like