教えてください!夫婦の寝室、一緒派ですか?別々派ですか?

夫婦の寝室、どうしてますか?

夫のイビキが気になって寝室を別にしたいと考えているのですが、夫が気を悪くするのではないかと心配です。
みなさんは寝室は夫婦一緒ですか、それとも別々ですか、ぜひ教えてください。

75%以上が夫婦の寝室は同じ

夫婦間の問題で結構悩んでいる人が多いのが、寝室を一緒にするか別々にするかではないでしょうか。

質問者さんのように、今まで一緒に寝ていたのに別すると、相手が気を悪くするのではないかと不安に感じてる方も多いはずです。

マイナビウエディング編集部が実施した「夫婦の寝室」に関するアンケートによると、寝室が一緒の家庭の割合は76.6%、別々の家庭は18.2%、その日の気分によって変えている家庭が5.2%でした。
75%以上が、寝室をともにしていることがわかります。

寝室を一緒にするか別々にするかは、それぞれの家庭の事情もあり、一概にどちらが良いかは決められません。
夫婦一緒、夫婦別々それぞれにメリットとデメリットがあります。

住居の事情で一緒にせざるを得ないケースも

アンケートで夫婦の寝室は同じと答えた人の理由で目立つのは、夫婦だから一緒に寝るのは当たり前といった答えや、夫婦間のコミュニケーションが必要といった回答でした。

また、子どもが小さくて一人で寝させるのが心配だから夫婦と子どもで寝ている、別室にしたくても部屋や数がないといった答えもみられました。

夫婦同室のメリットとして、夫婦だけで会話できることが挙げられます。
子どもには聞かせたくない問題などを夫婦で相談したり、話し合ったりできる空間が確保されているのと安心感がありますね。
1日の終わりにホッと心を緩めてパートナーとコミュニケーションがとれる環境は、夫婦の信頼関係を築く上でとても大事です。

二人で寄り添って眠るだけで、安心感や幸福感を感じられるメリットもあります。
信頼できるパートナーが共寝をすることで、安眠できる環境が作り出されるのですね。

一方のデメリットとしては、イビキや寝返りなどで安眠できない、寝る時間帯が違うときに気を使うといった答えが見られました。
質問者さんも、イビキに悩まされていることで夫婦別の寝室を希望されています。

二人で話し合って決めることが大切

では、夫婦の寝室が別々派の人の意見をみてみましょう。

イビキがうるさい、相手の寝相が気になるといった理由で別々にしている人が多いほか、夫婦であってもプライベートな時間を確保したいからといった理由も目立ちました。

夫婦別室のメリットは睡眠妨害などのストレスがないことが最も大きなメリットです。

反面、親密感がなくなる、セックスレスになりやすいことがデメリットに挙げられます。

夫婦寝室問題は、それぞれのライフスタイルや価値観によっても異なります。
一方的に別々にすることを提案するのではなく、二人でよく話し合って決めるのがベストです。

もし、イビキが気になるのなら耳栓を使ってみたり、夫の枕を変えてみたり工夫をしてみましょう。
そして、それでもダメだったら別室を考えるなど話し合って、ベターな解決策を二人でみつけましょう。

普段は夫婦別室でも、週末だけは一緒に寝ると決めておくのもおすすめです。

You may also like