子供の足にフィットした靴を選ぶには…?

歩けるようになった子供の最初の靴選び

現在1歳を前にした息子がいます。
先日自分で立ち上がることができるようになり、数歩進むこともできます。
この調子で行くと自力で歩行ができるようになる日も近いと家族みんなで喜んでいるところなのですが、そうすると近々靴を買う必要が出てきます。

知人などの話では子供の足はあっという間に大きくなるので奮発してよいものを買ってもすぐに履けなくなるといいます。
その半面でせっかく初めて履く靴なのだからよいものを選んであげたいという気持ちもあります。
初めて外を歩く子供に最初の靴を買うなら、どういったことに注意をして選べばよいか教えてください。

見た目よりも機能性を重視してください

子供の靴は小さくてそれ自体がちょっとした作品のようにも感じられてしまいますね。
我が家では子供が最初に履いた靴をとっておき、今もリビングに飾っています。

それはともかく、子供の足というのはとても成長が早く短い間に何足も履き替えをしていくことになってしまいます。
そのことを見越してあらかじめ大きなサイズを買ってしまう保護者の方もいるようですがそれは絶対にやめておいたほうがいいです。

「足は第二の心臓」という言葉がありますが人の足というのは大小28にも及ぶ沢山の骨で構成されており、二足歩行の実現は複雑なしくみによって成り立っています。

赤ちゃんの頃というのは骨がとても柔らかくまた非常に早く成長をしているので、この時期に誤った靴選びをしてしまうとそれが元で足の骨格の変形を招いてしまうこともあります。

足そのものの形だけでなく、膝の骨や背骨にも大きな影響を与えてしまうのが子供の靴なので、見た目や価格で選ぶのではなくしっかり足の健康を重視したものを選ぶようにしましょう。

一番よいのは子供専門のシューフィッターのいるお店に行き、そこで足のサイズを詳しく計測してもらった上でピッタリのものを購入するということです。

既にご存知とは思いますが、乳幼児というのは個人ごとの発育の差が激しく、小柄な子と大きな子とでは同じ年齢でもかなり体の大きさが異なります。

足の大きさもそれだけ種類があるということなので、「○~☓歳用」といった表記はあまり信用せずきちんとサイズ重視で選ぶようにしましょう。

お近くにシューフィッターがいるお店がない場合は、家庭用のメジャーで「足長」「足幅」「足囲」の3つを計測してみてください。
「足長」はかかとから足指の最も長い部分まで、「足幅」は足の指の付け根近くの一番幅があるところの長さ、「足囲」は足幅を計測した場所を一周した長さのことです。

靴メーカーの公式サイトなどにはこの3つサイズからピッタリの靴を検索できるようになっているので、そこから気に入ったものを選ぶとよいでしょう。

You may also like