赤ちゃんにおすすめのおもちゃと選び方

良いものないかな

色々なおもちゃが売っており、金額が高いものも多いです。
なるべくなら安い金額のものがいいのですが、赤ちゃんにおすすめのおもちゃはどんなものがありますか?
また、どうやって選べばいいですか?

赤ちゃんの脳は爆発的分裂をしている

赤ちゃん時代にどれだけのいい刺激を受けたか、これによって子供の脳がどんどん発達していくことがわかっています。
赤ちゃんはママ、パパに抱っこされたりあやされたり、また外部の音などを聞き、それが刺激になって健やかに成長していきます。

母乳、ミルクから離乳食になる事もお口を使って味を知る刺激となりますし、音楽を聞くこと、ママ以外の人の言葉を聞くことは耳への刺激になります。

こうして五感をどんどん刺激していくことで赤ちゃんの脳は色々な発達を遂げていくのです。
赤ちゃん時代は短いので出来る限りママ、パパは赤ちゃんと一緒に遊ぶ時間を作ってあげてほしいです。

おもちゃ選びは重要

赤ちゃんがまだ寝た状態の時、ベビーベッドにカラフルなベッドメリーやモビールは、色鮮やかないくつかのおもちゃが音楽に合わせて動くなど、赤ちゃんを刺激するいいおもちゃです。

食事作りやお洗濯など一人遊びをしていてほしいと思う時間もありますが、赤ちゃんはあっという間に遊びに飽きて泣いてママを呼びます。

赤ちゃんにおもちゃを与える時のポイントには、「飽きがこないもの」が挙げられますが、赤ちゃんの集中力はそれほど持ちません。

そのため、その月齢にあっていてリーズナブルなおもちゃを選ぶというママが多いのです。
その中でも、自然素材のものや赤ちゃんの肌に優しいもの、さらに知育玩具と呼ばれる赤ちゃんの脳を刺激するおもちゃなどが選ばれています。

おもちゃと絵本

ガラガラ、赤ちゃんが舐めても大丈夫なぬいぐるみ、木製の積み木等、ママ、パパはこだわりのおもちゃを赤ちゃんに与えて一緒に楽しまれているようですが、絵本の読み聞かせも赤ちゃん時代、とても大切な事なのです。

ママの声はお腹の中にいる時から聞いていたなじみある声、その声で昔話や童話などを呼んであげることは、赤ちゃんにとってとても安心できる時間です。
ママが本を読んでくれている時、ママもゆったりした気持ちで過ごして下さい。

赤ちゃんは敏感なので、ママが「早く寝てくれー」とか「ああ、台所の片付しないと」なんて思っていると察知して、なかなか寝なかったりします。

赤ちゃんに読み聞かせする本は、ママが好きだった童話でもいいし、パパが昔読んだ本でも何でも構いません。
出来れば絵がシンプルで絵柄がわかりやすい絵本がいいでしょう。

You may also like