筋トレすると子供の身長が縮むって本当ですか?

子供の筋トレは身長の伸びを阻害する?!

現在小3の息子がいます。
小さいときからサッカー教室に通っており、4年生になったらより本格的なチームに入れようと考えているところです。
しかし息子はもともと体が小柄で、これまでもたびたび試合や練習で同学年の子に力負けをする場面がありました。

本人もそれを気にして筋力アップのためのトレーニングを希望しているのですが、そのことを私の母親に話したところ「子供のうちから筋トレをしてしまうと身長が伸びなくなってしまうよ」といったことを言われました。

確かにそういう説があることは前にも聞いたことがありましたが、ただの俗説ではないかと思っていました。
考えてみるとオリンピック選手やボディビルディングの選手では身長が低めの人が多いような印象もあります。
本当のところ子供の筋トレと身長には何か関係があるのでしょうか。

基本的には関係ありませんが場合により影響がでることもあります

まず先に結論から言うと、筋トレをすることで身長が伸びなくなってしまうということについて何ら科学的根拠はありません。
もっとも全く同じ人が筋トレをした場合としなかった場合とで比較することはできませんので、絶対に関係ないということも証明することはできないのですが、少なくとも子供の時から筋トレをした人がそうでない人に比べて平均身長が低くなるというデータは世界中どこにもありません。

その人が将来どのくらいの身長になるかということを決めるのは、遺伝と栄養状態の2つです。
両親や祖父母が身長が低い場合、その遺伝により努力で身長を伸ばすのは難しいかもしれません。

しかし中世や近代の頃の日本人に比べ、今の日本人の平均身長は20cm近く高くなっていますので、しっかり行き届いた栄養状態にしていくことで親よりも身長が高くなる可能性は十分あります。

もし保護者として息子さんの体作りのためにできることをしたいということなら、最も効果的なのは正しい栄養管理です。
筋肉をしっかりつけていくためには良質のタンパク質が欠かせませんので、アスリート向けの栄養学などを勉強して高タンパク低脂質を意識したメニューをバランスよく作ってあげるとよいでしょう。

もう一つ気をつけたいのが、子供のうちからあまり重量のある器具を使った筋トレはしない方がよいということです。
バーベルやダンベルなどを使ったスクワットでは、膝に大きな負担をかけてしまいます。

身長の伸びとはまた別の話で、体が完全にできていないうちに一部の関節に大きな負担をかけてしまうとそれがもとで変形が起こってしまう可能性があります。

子供のうちに関節にクセがついてしまうと、それがその後の身長に影響してしまうばかりか、スポーツを続けるにあたり重要な体幹バランスが保てなくなってしまいます。

You may also like