赤ちゃんへの歯磨き、正しいやり方は?

赤ちゃんへの歯磨きはいつから

昨日娘の下の歯茎から小さな歯が頭を出しているところを見つけました。
ちょうど生まれてから6ヶ月目なので、順調に発育していることがわかりとてもうれしく思っています。

しかし歯が生えてきたということは、歯磨きをしてあげる必要があるということですよね。
今現在では本当に小さな歯なのですが、どのくらいのサイズになったら歯磨きを開始するべきでしょうか。
また歯が完全に生え揃わないうちの歯磨きで気をつける点があったら教えてください。

歯磨きできるサイズになれば開始OKです

ほとんどの赤ちゃんはだいたい6ヶ月を迎える頃に下の前歯が2本生えてきます。
これが1歳くらいまでの間に上下の歯が4本ずつ、全部で8本生えてきます。

まず歯磨きの必要性ですが1歳くらいまでの間の赤ちゃんは食べられるものが母乳・ミルクとごく柔らかい食べ物に限定されますので、歯磨きをしなくても口の中の清潔度は十分保たれています。

ただ歯がしっかり生えそろってからいきなり歯磨きを始めるとなると、最初のうちは抵抗感があるかもしれませんので、スムーズにしつけをしていくために歯がちょっと大きくなり磨けるサイズになったらすぐに開始するのがよいと言えます。

質問ではまだ小さな歯ということですが、最初の下前歯はすぐに見えてくると思いますので早めに子供用歯ブラシを準備し、一日数回歯をこすってあげるようにしましょう。
最初のうちは歯磨き粉を付けて磨く必要はありません。

このとき注意しておきたいのが、大人用の歯ブラシではなくちゃんと子供向けとして販売されているものを選ぶようにするということです。

赤ちゃんの乳歯は大人になってから生え変わる永久歯とくらべて柔らかく、歯茎も弱いのでちょっと強い刺激を与えただけで傷がついてしまいます。

赤ちゃん用歯ブラシとして販売されている製品は、ブラシ部分が非常に柔らかく、毛先の刺激も少なく設計されています。
製品によって特長がありますが、できるだけブラシが柔らかいと書かれているものを選んでください。

始めのうちは自分で磨くのが難しいので、保護者の方が仰向けに寝かせて磨いてあげるようにします。
自分で歯ブラシを持てるようになったら、まずは自分で歯磨きをするということに慣れさせていきましょう。
最初のうちはうまく磨けませんので、最初は子供に磨かせてその後に親がきちんと磨けているかをチェックする二段体勢にするとよいです。

歯磨きトレーニングで重要なのが「力を入れすぎないようにして磨く」ことを徹底することです。
現在でも大人で歯磨きに力を入れすぎている人を多く見かけますが、歯磨きは力まかせにゴシゴシしてもキレイにすることはありません。

むしろ口腔内を傷つけてしまうとそこから菌が入りやすくなるので、子供のうちから弱い力で磨くことを丁寧に教えてあげてください。

You may also like