今更人に聞けない…基礎化粧品の使い方

たくさんありすぎる

基礎化粧品の使い方って、時たま悩んでしまいますよね。
化粧水以外にもさまざまなものがあるのでどんな順番で何を使用していいのか分からなくなります。

今更周りに聞けないので教えてください!

いまさら聞けない基礎化粧品の利用方法

子育て、家族の世話、主婦の日常は忙しく、なかなかしっかり肌ケア出来ない毎日ですが、肌が綺麗だなと思うママたちの多くが、特別なケアを行っているのではなく、基礎ケアを継続的にきちんと行っていることで、肌の美しさを維持しているのです。

毎日行う事、継続して行うこと、こうした努力は絶対に裏切らないのです。
特に、誰もが利用する基礎化粧品の使い方をしっかり理解し、毎日の美容に活かすことができている方は、それほどケア商品にお金をかけることなく、美しい肌を手にしています。

でも今更……基礎化粧品ってどんな順番で利用するんだっけ?なんて聞けないものです。
基礎化粧品の正しい利用方法をお伝えします。

役割と順番

基本的に基礎化粧品利用の流れは、化粧水、美容液、乳液、クリームです。
なぜこの流れで行うのかというと、役割を知るとわかります。

スキンケア

化粧水は洗顔後、清潔になったお肌、また洗顔によって毛穴が開いた状態のところに水分を与えることで吸収を促し、浸透力をよくしてくれるため、最初に利用します。
面倒なときには美容液やクリームを付けないということでもいいのですが、「化粧水」だけはしっかり塗付するようにしてください。

普段の基礎化粧品は化粧水と美容液だけという方もいます。
美容液の中には乳液の役割を果たすものもありますので、その場合、ワンステップ必要ないと考えていいでしょう。

美容液は通常、お肌のトラブルになりやすい部分や、乾燥しがちな部分などに塗布します。
目の下などお肌が薄い部分などに利用しておくと、くま防止になります。

乳液は美容液に同じ効果を持っている場合もあるので、利用してなくてもいいのですが、油分が少ないお肌の方は塗付しておく方が安心です。

最後のクリームですが、これは化粧水や美容液、乳液で浸透させた成分がお肌から逃げないようにするためにも必要なケアです。
クリームを利用したくない、面倒という方は、化粧水からクリームまでの役割をすべて持っているオールインワンジェルなどを利用されるといいでしょう。

洗顔後の化粧水は絶対です

基礎化粧品の使い方というよりも、化粧水は洗顔したらセットで利用するものと考えておくといいいでしょう。
洗顔と化粧水がセット、美容液や乳液、クリームなどは利用される方がご自分のお肌の状態をよく理解して利用していく、こうした使い方も商品によっては可能です。

美容液に油分を補う、またクリームと同じように蓋の役割を持っている成分が含まれているというものもあります。
商品によって、また肌の状態によって利用の順番を守りながら利用していくといいでしょう。

You may also like